中学受験・高校受験対策 | 北海道の進学塾・個別指導ならニスコグループ

ニスコグループ

トピックス

ニスコグループTOP > トピックス > ニスコパーソナル 帯広南町スクール


ニスコパーソナル 帯広南町スクール

2021/09/25

〈こくごコラム第一回〉「読める」と「解る」


不定期更新で国語に関する所感をつづるコラムを開始いたしました。

記念すべき第一回は「読解力」について少しだけ考えてみます。

「読解力」とは果たしてなんなのでしょう。

「読む」と「解る」にも様々な段階があり、多くの人と解釈を一致させることはなかなか難しいのが現状です。

ですが、どんな段階を要求する考えであっても一番大切にしなければいけないのは

「言葉通り読むこと」ができること、だと思われます。

教科書通りに音読・黙読ができていますか?

助詞を飛ばしたり、似た意味の言葉で置き換えて読んでしまったりしていませんか?

まさに「雰囲気で読む」というものですが、それでは書き抜きの問題や、そもそも問題文を読むことに支障をきたしてしまうことがあります。

もったいないミスです。

心当たりがある人もいるかと思います(筆者もたくさんありました)。

正確に読む、ということにメリットはあってもデメリットはないですから、ぜひとも心がけていきたいところです。

読書の秋も近づいています。筆者も今秋は腰を据えて読書に親しもうと思います。



このページをお友達に広めよう!